エトセトランダム

興味のあること面白いと思ったことを書く自由なブログです

ついに来ちゃいましたね。世界最強の囲碁AI「アルファ碁ゼロ」

たった1年と7ヶ月です。

deepmind.com

2016年3月のこと

2016年3月に棋士、イ・セドルさんに勝利したAI、アルファ碁は記憶に新しいところだと思います。

当時のアルファ碁の出来事 AlphaGo Korea | DeepMind

そして2017年10月に

世界最強となりました。

アルファ碁が継続して進化させていたのが私は驚きでした。
AIに関する書籍だったりニュースを見る限りでは、教師ありきのデータありきの学習であればいくらでもできるような雰囲気を感じていました。

今回のアルファ碁ゼロは

囲碁を教える教師がいないことです。
囲碁のルールだけを教えてその先の一切を人が触らずに成し遂げた成果です。

最初はでたらめなものだったのが、瞬く間に成長し3日でイ・セドルさんに勝利したAIを超え、21日には60人のオンライントッププレイヤーを凌駕。40日には現存するすべてのアルファ碁に勝利するようになりました。
つまり、世界最強になったのです。

私だったら3日でようやくルールを理解して遊び始めるくらいなんじゃないかなぁと思います。

興味深いのは

そのアルファ碁ゼロの成長曲線です。
人が学ぶ場合の成長曲線は最初は極めてゆっくりと上昇し、ある地点を越えると爆発的に成長します。
対するアルファ碁ゼロは最初の方は爆発的に成長しますが、ある地点を越えるとゆったりとした上昇になります。

図はアルファ碁ゼロの記事をご参照ください。

やはりこの違いは休むことなく何千何万といった試行錯誤が繰り返すことができるコンピューターの強みですね。
人は休みが必要です。何千何万といった回数の試行錯誤はどれほど時間がかかるでしょうか。

なんとなくですが、このゆっくりと成長するというのが人として生きていることのメリットなのかもと思いました。あらゆるものが瞬時に終わってしまうと遊びも仕事も何もなくなってしまいますから。

人工知能の進化はあまりに早く、追いつくことすら難しいです。 でもこういう進歩が肌身で感じられるとワクワクしますね。

ではでは。

佐倉綾音はカッコイイ

佐倉としたい大西のイベントで、佐倉綾音さんがすっごいカッコ良かったんですよ。
常々、プロ意識の高い人とは聞き及んでいましたが、これほどとは。

佐倉さんは美少女

もんのすごい美少女でしょう。私にとってはそうです。

声優という職業においては、声以外は主ではありません。*1
ですが、佐倉さんは声以外にも、童顔、色白の肌、豊かなたわわも持ち合わせているなんて、2次元から出てきたような女性ではありませんか?
ぶっちゃけありえなくないですか? 神の奇跡に等しい、とは言いすぎかもしれませんが。

さて、そんな佐倉綾音さんですが、素晴らしいのは声と外見だけではありません。
中身だって素晴らしいのです。

ラジオ「佐倉としたい大西」イベント

2016年11月27日にラジオ番組「佐倉としたい大西」のイベントがありました。
出演者は、佐倉綾音さんと大西沙織さん、そしてゲストに加隈亜衣さんでした。

イベントはとても楽しかったです。腹の底から笑いました。
映像として出ないということでしたので、とても惜しい限りです。

特に、映画「君の名は。」を模したコントで、佐倉さんがコンプレックスだと言っていた胸をネタにしたこと。そして、それを恥ずかしがって舞台袖に隠れるようにしていたところは、言葉では語れない可愛さがありました。
それでもあえて言葉にするなら萌えですね! まさか3次元で萌えることのできる日が来ようとは。

そうそう、佐倉さんが素晴らしいという話でしたね。

プロとしての矜持

それはイベントの締めです。
舞台上の出演者がイベントの感想を言って、挨拶して舞台から降りるときでした。

佐倉さんは、大西さんや加隈さんが締めの挨拶を始める前から腰を曲げ、二人が終えてから直立状態へと戻りました。挨拶の姿勢は、右腕を体の前に曲げ、左腕を体の後ろに回していたと思います。

その一連の流れは、イベントの中で起きた様々な面白い出来事を超えるくらい大きな印象が私の中にありました。
いくつか似たイベントに行き、締めの挨拶をみることはありますが、佐倉さんのそれはすごく洗練されていました。

見ていてしびれました。
めちゃくちゃカッコイイ、そう感じました。

未来の佐倉綾音

今の時点で素晴らしいものを持っている佐倉さんが、これからどんなものを見せてくれるのか。すごく楽しみです。
もし、知らなかった方はぜひ、かっこいい佐倉綾音さんを見てみてください。

ではでは、アカツキでした。

*1:最近はアイドルのような声優さんもいますが

早見沙織 1st コンサート 「Live Love Laugh」、その余熱

早見沙織さんの 1st コンサートツアー「Live Love Laugh」が終わりました。
そして、12月25日の「live for LIVE」発売記念のアコースティックライブも終わりました。
終わってなお残る熱は、あたたかく幸せなものです。

素晴らしかった

感想は一言。素晴らしかった。

コンサートライブは初めてで、サイリウムの使い方すら分かっていなかったので緊張しました。 ですが、そんなことは杞憂でした。

早見さんのライブはサイリウムがなくても大丈夫でした。
まず、聞く人みんなが初めから座ったままだったのが、今思い返すと変わっていたのだと思います。
観客のみなさんは早見さんに求められた時だけサイリウムを振る、立ち上がる、手を振るなどしていました。サイリウムを振ってない人もいましたし、そうであってもいいと感じました。
これを礼儀正しいと言うのかわかりませんが、これが早見さんのファンであり、早見さんの人柄に集まった人たちだと強く感じました。

私もその一員であれたことが嬉しいですね。

このライブを例えるならこうです。

世界でたったひとつの楽器

その名は「早見沙織」。その楽器が奏でる音色を聞くコンサートです。

例えば、交響楽団の演奏会では、サイリウムを振ることや立ち上がること、手を叩いてリズムを取ることなどしないでしょう。それと同じです。
あの空間をあの空気を作り上げていたのは、ひとえに早見さんの人柄だと思います。

そして「早見沙織」は素晴らしい声でした。
コンサート中、早見さんの声のみの場面があったのですが、そのシーンでは背中がびりびりして鳥肌が立ちました。
素晴らしいものや感動するもの、感情が溢れ出して止まらないものに出会ったときに起きるそれです。
1stコンサートでこれほどのものなのですから、次のコンサートがそら恐ろしくもあります。

ヴァイオリンは完成された楽器と聞いたことがありますが、早見さんの声も完成していてなお成長するすごいものではないでしょうか。
できれば、アカペラで早見さんの声を聞いてみたいですね。

話は少し変わりまして、コンサートの中で一曲だけ非常に印象に残ったものがありました。

Scarlet(スカーレット)という名

本当のSecret(シークレット)という名前の曲です。

コンサートでは半分くらいが新曲で占められていて、タイトルも歌詞もその場で初めて聞くものでした。
先程のSecretという曲を聞いたときは、その始まりやテンポからScarlet(スカーレット)と言う言葉が浮かびました。
イメージはジャズバーでワイン色のドレスを着て歌っている早見さん。
浮かぶ色は、情熱の紅、大人の紅、成熟した紅、そんな色たちです。

コンサートでは早見さんが紅色のドレスを着て歌っていて曲とぴったりでした。
今でもこの曲を聞くたびにScarletという単語が浮かびます。

次のコンサートでも

早見沙織さんの次のコンサートやライブもとても楽しみです。

ではでは、アカツキでした。

夢に早見沙織さんが出てきました。マッチョで。

今日、あまりに衝撃的な夢を見ました。

夢に早見沙織さんが出てきたんですよ!

早見沙織(はやみ さおり)さんは声優、歌手をしている笑顔の素敵な女性です。ファンです。

最近だと「Live Love Laugh」というアルバムのコンサートを行っていたり、 「終末のイゼッタ」というアニメに出演されていますね。両方とも楽しみです。

で、見た夢がどんな内容かというと……

初めは友人の結婚式でした。

つらつらと流れていったと思います。

結婚式の余興に入り早見さんが出てきました。

どどーんと、出てきました。

顔は早見さんなのですが、体が超マッチョ。

しかも可変します。ロボットみたいに。

太マッチョから細マッチョへ、細マッチョから太マッチョへ。

何度も太→細→太→細→太と変わりました。

さらに背中から羽?が出てきます。

車で上に開く扉ありますよね? 

あんな感じで肩甲骨あたりがパカパカと動いていました。

※現実はちがいます

早見さんはマッチョではありません!

むしろ心配になるくらい細いです。

ほんとうに最近は色々な活動、アニメ、映画、ライブとお忙しいみたいです。

まあ、今思い返してみても

疲れてたのかなって思います。

夢分析とかするとだいぶイッちゃってる感じになりそうです。

……今日は早めに寝るようにします。

そういえば夢って

昔はモノクロでした。

でも、いつの日からか色がついていましたね。

起きているときほど鮮明な色ではないです。

年をとるにつれカラフルになってきている感じがします。

最近は音も聞こえたり聞こえなかったりして不思議ですね。

さすがに現実と区別がつかないほどのリアルさを持つようにはならないと思います。 思いたいです。

高いところから落ちる夢は今でもすごく怖いですからね。

これ以上リアルになってほしくないです。

もうちょっと夢の話を

夢というと明晰夢と言うものを思いだします。

明晰夢は夢を自在に操れることです。

できれば面白そうですけど、訓練が必要だとか聞くので難しそうですね。

それにそういう訓練をするくらいなら現実で夢を叶えます。

ではでは。